成年後見 相続 遺言

あなたのこれからの人生について、一緒に考えてみませんか?

人は決して一人では生きていけません。
多くの人と関わり合いながら、支え合いながら生きています。
若く元気なうちは、支えられていることを意識する機会は、そう多くはないのかもしれません。
しかし、年齢を重ねるにつれ、少しずつですが確実に衰えるものです。
やがて誰かの支えなくしては、日常生活すらままならなくなる日が来るかもしれません。

その時、あなたには、あなたに対して、差し伸べられる手がいくつありますか?
また、その差し伸べられた手に対して、あなたは何を残せますか?

誰にでも等しく訪れる「最期」を迎えるために、あなたらしい生を全うするために、自分で考えることができるうちに、少しずつ準備をしていきましょう。
村角司法書士・行政書士事務所は、そのお手伝いをさせて頂きたいと考えています。

  1. 遺言
    「遺言作成」
    誰かに残したい財産があるのなら…
    遺言は相続人間の紛争を予防するために有効な手段です。
    また、生前お世話になった人や団体へ、受けとってもらいたいものや寄付がしたい場合は、遺言を残しておく必要があります。
  2. 後見
    「成年後見」
    あなたらしい、その人らしい尊厳のある生を全うしたいなら…
    高齢による認知症や、若年性アルツハイマーなどを発症した場合に、法律・生活の両面から支援する制度です。最後まで自分の意思に基づいた生活を送って頂くために、後見人を選任します。
  3. END
    「死後事務」
    思いどおりに送ってもらいたいなら…
    亡くなった後の関係者への連絡や、葬儀の方法、納骨・供養に関することなどで、間違いなく行ってほしいことがある場合は、任意後見契約とは別に委任契約を締結することで死後に備えることができます。
  4. 相続
    「相続登記」
    残された財産に不動産が含まれていたら…
    残された財産の中に不動産が含まれていた場合は、相続人の全員または特定の相続人の名義に変更する必要があります。また、相続が発生してから、長い間そのままにしておいた不動産がある場合も、権利関係が複雑になる前に名義を変更することをお勧めします。
お問い合わせはお気軽に… Tel.078-335-5220