遺言・相続

遺言とは、最後の意思表示。
相続とは、遺産の承継手続。

少し乱暴な表現ですが、このようにシンプルに考えると、少しはわかりやすいかなと思います。

人が亡くなると、必ず『相続』が発生します。
相続人は法律で決められており、法定された順序に従って、プラスもマイナスも全ての遺産を、相続人が引き継ぐことになります。

もし、自分が死んだあとの遺産を、法律とは異なる順序で引き継がせたい!!
と考えるのであれば、元気なうちに『遺言』を遺しておく必要があります。

それとは逆に、亡くなった方の遺産を、法律とは異なる形で分けたい!!
と考えるのであれば、相続人全員による『遺産分割協議』を行う必要があります。

ひと口に『遺言』や『相続』と言っても、その人、それぞれのケースによって大きく異なります。
まずは、自分や自分たちが本当はどうしたいのかを『知る』、そこから始めてみてはいかがでしょうか。

  • P11 見守り契約のススメ3

    公正証書遺言とは、遺言の内容を公証人に口述し作成してもらう方法です。 『遺言』とは、遺産の分配や処分の方法について、自分の想いを相続人に対し伝える最後の手段です。

    続きを読む
  • P10 見守り契約のススメ2

    任意後見制度は、本人が契約を結ぶために必要な能力を持っている間に、自分の判断能力が不十分な状況になった場合に備え、後見事務の内容と後見をする人を、あらかじめ、契約によって決めておく制度です。

    続きを読む
  • P09 見守り契約のススメ1

    今回のテーマは『見守り契約』です。 契約の内容としては、月1回程の面談や、電話等による委任者(本人)の心身の状況の確認などです。

    続きを読む
  • P04 任意後見制度と遺言を活用しよう

    今回のテーマは『任意後見契約(見守り契約)』と『遺言』です。 『見守り契約』とは、定期的な自宅訪問や電話連絡などをすることで、心身の状態を把握するための契約です。

    続きを読む
  • P02 成年後見制度を活用しよう!2

    今回のテーマは『遺産分割協議と成年後見制度』です。 『遺産分割協議』とは、亡くなった人の財産(遺産)を、相続人全員で話し合い、受け継ぐ人を決めることです。

    続きを読む
  • P01 成年後見制度を活用しよう!

    司法書士や関連する業務をテーマにした漫画を配信しています。記念すべき第1回目のテーマは『成年後見制度』です。

    続きを読む